なんとなくいじってみる その1

・初めてNif Skopeを使ってみる

オブリビオンのメッシュファイルはnif形式が用いられています。
このファイルの中を覗くには、“Nif Skope”が必要です。(DLは、コチラから)

こういうツールはっきり言って苦手です…・゚・(つД`)・゚・
それでも何故使おうと思ったのかというと、

SHY-Uploaderの方にある“FFXIartifact for HGEC”というMODを使って
いざ装備すると必ず強制終了したからです。

TES4Editでespを見ても、テクスチャの方は大丈夫そうだったのでメッシュの方かなぁと。
で、Nif Skopeの登場デス。

b0178210_23382660.jpg
oblivion/Data内のモンクAFの頭装備メッシュを試しに
Nif Skopeを使って開いてみます。

b0178210_2345330.jpg
画像が見にくいですが、指定しているテクスチャの場所が、program File内になってますね。

私は、OSがVistaなのでprgram File内にoblivionをインストールしていません。
なのでそんな場所にテクスチャがあるわけないですヽ(`Д´)ノ

というわけで、
b0178210_2352799.jpg
テクスチャファイルがある場所に指定し直しました。

b0178210_2356929.jpg
これまたとても見にくいです^-^;

私はドキュメントにoblivionをインストールしているので、
Documents/oblivion/Data/textures/ffxiartifact/mnkaf/templclaun001.dds
となっています。

b0178210_054712.jpg
そして、セーブして完了です。

これでモンクAFの頭装備は大丈夫な筈です。
この後、全てのnifファイルを指定し直してからゲーム内で装備してみましたが
無事表示されていました♪

(注意)
あくまで初めて使った人の雑記なので100%信用してはイケマセン。
もっといい設定の仕方があるかもしれません。
[PR]

by frantan | 2010-02-21 23:16 | ob-雑記  

<< 装備MOD目次3 他ゲームもの その1 >>